4life service

※コチラのサービスは終了したようです※

4life service

4ライフサービス(4life service)副業という自動資産運用ツールを当サイトでも紹介していきたいと思います。

特徴として…

自動で資産運用が始められるシンプルさが素晴らしく便利だと感じます

4ライフサービス(4life service)自動資産運用ツールが普通の副業と違ってどういうところが優れているのか、また4ライフサービス(4life service)自動資産運用ツールで稼いだことで税金費用や確定申告はどうなっていくのか、さらに近年問題になっている老後2000万円問題などの安全な年金対策についても検証していこうと思います。

4ライフサービス(4life service)副業の安全な登録方法

4ライフサービス(4life service)副業の自動資産運用ツールのやり方ですが最初に4ライフサービス(4life service)をインストールする必要があるようです。

毎週1~2回の5分ぐらいのボタン押す操作で大丈夫なようなのでカンタンと言っても良いでしょう。

ボタン操作が終わったら全部4ライフサービス(4life service)にお任せすれば大丈夫なようです。

4ライフサービス(4life service)副業は難しい作業を特に必要としないので空いた時間に家事・育児・仕事・遊びと自由に過ごすことが出来ます。

カンタンな上に4ライフサービス(4life service)に全部お任せすることも出来て運用費用も低額から可能という安心で楽な稼ぎ方が行える副業になっているようです。

4ライフサービス(4life service)副業の自動資産運用ツールは他の資産運用とは大きく違って初心者でもチャレンジしやすい内容になっているのだと思います。

4ライフサービス(4life service)副業の税金費用や確定申告

4ライフサービス(4life service)副業の自動資産運用ツールで稼いだとして副収入として手に入れるお金に税金費用や確定申告にどのように影響してくるのかを検証してみました。

結論から言うと副業やネットビジネスで稼ぐと確定申告が必要です。

確定申告が必要ということは所得税や住民税といった税金もそれにかかってくるということになります。

本業を何かしているという人は本業で稼いだ所得と副業で稼いだ所得を+したものが税金の対象になります。

最近では大手企業を中心に副業が解禁されているようですが、副業がNGの場合に内緒でやろうと思うと本業の会社で住民税を把握しているはずなので会社で計算した額よりも多ければ副業をしていることがバレてしまいます。

万が一、内緒で副業をしたいということであれば事前に役所などに本業との税金を分けることが出来るかの相談をしておいたり場合によっては手続きが必要になってくることもあるそうです。

但し、確定申告は年間20万円以内の所得であれば必要ないとされています。

ここで注意して欲しいのが給与ではなく所得ということです。

所得とは収入から必要経費を引いた額になるので必要経費もしっかり計算して20万円以内であれば確定申告は必要ないので経費となりそうな領収書などもとっておいた方が良いでしょう。

また、年間20万円以下の所得であった場合でも確定申告は必要ありませんが少額でも住民税に影響は出てくるようなので市町村への申告が必要になるケースがあるようです。

副業をして副収入を得た場合にどういった手続きが必要になってくるのか分からない場合などは最寄りの自治体や市税事務所などに問い合わせしてみると良いかもしれません。

特に副業を内緒でやろうとしている場合、バレてしまうと会社に迷惑がかかったり余計に税金が取られる可能性も出てくるので忘れずに行う必要がありそうです。

ばれなければ大丈夫だと思っていても今はマイナンバーなどで役所で管理されているので確定申告をし忘れたりして役所の人から呼び出しをくらうなんてことがないように確定申告が必要な場合は忘れずに行うようにすることが大事です。

いくら副業だからといっても稼いだものにはしっかりと税金がかかってくるということです。

4ライフサービス(4life service)自動資産運用ツールが将来の鍵になる可能性

4ライフサービス(4life service)副業の自動資産運用ツールなどのインターネットを利用した副業は様々な将来の不安や現代社会で問題になっていることの鍵になってくる可能性があります。

止まらない増税
既に消費税は10%に引き上げられていて「今後10年くらいは増税の必要はない」とも説明されていますが今まで0%や5%の時代から考えると国民の生活はますます苦しくなっているのは否めません。また、海外の消費税を見ると平均19%になっているので今後も増税の可能性は少なからずあるように思います。

年金問題
老後資金2000万円不足するということでも騒がれたこともありましたが年金問題に関してはまだまだ解決されていない状態です。今の公的年金のままだと2065年には40%支給額が減るとも言われているのでこのままいくと年金は減額されて老後の生活がますます苦しくなるように思います。

働き方改革による減給
働き方改革によって時間外労働の上限が定められて残業代が減ってしまったり自宅で余計な仕事をする羽目になったりサービス残業も増え事実上減給になってしまっている人が多くいるので働き方改革によっても生活が苦しめられている人が多くいます。

老後のことや今後のことを考えると金銭的な面で生活が苦しくなっているというのが分かると思います。

4ライフサービス(4life service)副業ではこのような問題にも目を向けて副業として生活を少しでも楽にしようというプロジェクトでもあるように思います。

もしこのまま問題を抱えたままだと豊かな生活どころか人間らしい生活も送れない時代がやってくるかもしれません。

4ライフサービス(4life service)自動資産運用ツールはそういった問題の早めの対策としても利用出来ると思います。

4ライフサービス(4life service)副業で老後2000万円問題などの安全な年金対策

老後2000万円問題の発端は金融庁の報告書でまとめられたもので20~30年間の老後に約2000万円の資金が必要になるというものです。

年金も今後減給される可能性もあり2000万円ものお金を老後に用意するのは普通に考えれば到底難しいことになるはずです。

そういった意味でも老後2000万円問題をきっかけに貯蓄や投資といったものに興味を持ち始めたという人も多いようです。

貯蓄や投資以外にも4ライフサービス(4life service)自動資産運用ツールなどの副業やネットビジネスに関心が向けられている可能性があるのもこのような問題背景があるように思います。

4ライフサービス(4life service)副業に関して言えばネットビジネスになるのでインターネット環境があれば場所を選ばずいつでもどこでも行えるので今の時代に合った副業であると考えられます。

年金問題や老後資金などに副業やネットビジネスを取り入れることで将来の不安もなくなり安定した生活が送れるようになる可能性も秘めているように思います。

4ライフサービス(4life service)自動資産運用ツールなどの副業であれば気軽に始めることが出来て自分のペースで稼ぐことが出来そうなので空いた時間を利用しながら資金を貯蓄していくということも不可能ではないと思います。

お金持ちであれば副業にも興味なければ老後資金や年金問題にも不安はないかもしれませんが将来の生活に少しでも不安があるのであれば4ライフサービス(4life service)自動資産運用ツールなどの副業を今の生活に取り入れるというのは一つの手かもしれませんね。

4ライフサービス(4life service)自動資産運用ツールで稼いだら税金費用や確定申告も忘れずに

4ライフサービス(4life service)副業の自動資産運用ツールの公式ページから低額から始められてボタン操作で自動で資産運用が出来る副業ネットビジネスということを説明してきました。

4ライフサービス(4life service)副業を始めるにあたって副業で副収入を手に入れたいという人には期待値が高い副業になるかもしれません。

税金費用のことにも触れましたが副業で稼いだお金にも税金が発生するので忘れずに確定申告を行っていきましょう。

副業で稼ぐのも計画性を持って行わないとたくさん稼いだ分、税金を多く払わないといけなくなる可能性も出てくるので税金費用のことも頭に入れておいてどのくらい税金が必要になってくるのかを計算しながら稼いでいくと良いかもしれません。

4ライフサービス登録へ